想定出来る限りの危険に備えて

今日は朝から町内の防災訓練でした。

例の・・・飲み友達数人の消防団員さんは(笑)やはり真面目な顔をして

放水体験や子供達のバケツリレーの指導をしていました。

そりゃ・・・お酒が入ってませんから(笑)きちんとした消防団員さんでした(笑)


その中で一番驚いたのが三角巾の利用です。

腕を支える。

包帯になる。

頭を守る。

顔のケガにも対応。

なんと利用幅が広いことか。


今まで、防災訓練は主人の役目だったけど。

こうして自分が体験することで地震などの際には少しでも冷静に対応が

出来たらいいな、と思いました。


なんせ・・・。

愛知県、岐阜県は。

東海地震の指定をされています。

地震の揺れや、地震による火災、水害など。

想定出来る限りの危険に備えての訓練が必要なのです。



前もって。

危険回避出来たらいいのにな・・・なんて思います。


そうですね・・・1週間ほど前に分かると助かります(笑)








この記事へのコメント

2007年09月03日 19:19
さとし君さん、こんばんわ。
申し訳ありません!
コメント誤って消してしまいました・・・・。
記事の訂正をさせて頂きますね。

東海地震の指定地域について。
私個人の関連のある愛知県岐阜県のみの表記だったのですが
正しくは愛知県の一部と岐阜県の一市町村です。
訂正致します。

2007年09月03日 19:31
了解~。(笑)

この記事へのトラックバック